成長に合わせたカリキュラムが組めるこどもちゃれんじの魅力

子どもの成長に合わせたカリキュラム!

こどもちゃれんじの魅力は、子どものことを考えて作られているという点です。幼児期の子どもは、日々成長を続けています。1ヵ月前にはできなかったことが、いつの間にかできるようになっているなど初めて子育てをする親にとっては驚きの連続かもしれません。

著しく成長する時期だからこそ、こどもちゃれんじでは子どもの成長に合わせたカリキュラムを作っています。 例えばこどもちゃれんじでは、音遊びやリズム遊びなど子どもができるようになってきた内容に合わせて学習できるように工夫しています。ほかにもでんわごっこなどを組み合わせることで、子どもが楽しみながら学べるのもポイントの1つです。

また幼児期の子どもは、さまざまな分野に興味を持ちます。好奇心に対応するために、こどもちゃれんじでは、豊富な題材を扱っています。題材の数が多いことで、子どもの好奇心を満たしながら学ぶことにつながります。

興味を持ってもらえるようにするだけではなく、自分で考える力を同時に身につけられるように考えられているのもカリキュラムにおける特徴の1つです。このような多彩な題材が、年齢別に用意されているからこそこどもちゃれんじは多くの方が利用しています。

好奇心を引き出すためのアプローチ方法とは?

ではこどもちゃれんじが子どもの好奇心を引き出しているとしたら、どのようなアプローチ方法をとっているのでしょうか。子どもが興味を持てるように、映像や絵本さらにはエデュトイというものを組み合わせて学習が行えるようにしています。

エデュトイとは、簡単に言ってしまえばおもちゃです。子どもが一方通行で遊ぶおもちゃではなく、エデュトイを使うことで五感を動かしながら考えて遊ぶことが可能です。 またこどもちゃれんじの絵本では、子どもの日常に近いテーマを扱って好奇心を刺激するように工夫されています。

絵本の場合、親が一緒に楽しむことができるのもポイントの1つです。 絵本による視覚的な訴えだけではなく、映像教材もあることで視覚だけではなく聴覚でも学ぶことが可能です。音や動きがあることで、子どもに興味を持ってもらいやすいのです。 このようにこどもちゃれんじでは、さまざまな視点から子どもの成長をサポートしています。

子どものことを考えたカリキュラムになっていることも、魅力の1つです。また子ども向けの教材だけではなく、親向けの子どもへの接し方などが書かれている冊子も合わせて届けてもらえるという特徴もあげられます。

参考サイトはこちら⇒ 【やらないと大変なことに!】こどもちゃれんじのマジな口コミ体験談