がん予防食事としてのマヌカハニーの効果とは

がん予防食事に有効な蜂蜜について

マヌカハニーは風邪の予防や治療に効果的な食品だと聞いたことのある人もいるでしょう。実はがん予防食事で使われていることもあります。値段が高いのでなかなか購入できないという人もいるかもしれませんが、その効果について知っておくのがおすすめです。

マヌカハニーはニュージーランドに自生している野生植物の花から採取されます。この植物は春から夏にかけて花を咲かせますが、その花の蜜から作られた貴重な蜂蜜です。古くから先住民が怪我や病気の治療、健康増進などに利用してきたと言われています。

ニュージーランドでは万能薬として扱われており、ビタミンやミネラル、酵素を多く含んでいることが特徴です。有効成分がかなり多いですし、抗菌活性力の高さでも注目を集めています。しかし、近年では偽物も多く出回っており、慎重に選ぶ必要があるでしょう。がん予防食事としてこの蜂蜜を利用する場合、きちんと本物を選ぶことが大切です。

一般的な蜂蜜も健康に良いとされていますが、さまざまな作用が期待できるのは高温殺菌されていない状態の生の蜂蜜のみです。加熱すると効能が得られなくなってしまいます。しかし、マヌカハニーは熱に強いので多少の熱を加えても問題ありません。

免疫力アップやピロリ菌の除菌に役立つ

がん予防食事でおすすめのマヌカハニーは、ニュージーランドで年間1700トン生産されています。しかし、その販売量は10倍近くも多く、偽物がかなり出回っていると言えるでしょう。がん予防食事のために取り入れたいという場合、きちんとした商品を選ぶことがポイントです。この蜂蜜には規格がついているため、その規格を目安にすると良いかもしれません。

マヌカハニーは高い殺菌力を持っています。また、乳酸菌などの善玉菌を活性化する作用もありますし、腸内環境を整える効果が期待できるのです。腸内環境を整えることで免疫力がアップしますし、がんに強い体を手に入れることができます。日本のがん治療でもこの蜂蜜を利用するケースが増えてきています。

あくまで食品なので薬のような副作用はありませんし、薬の効果が出なくなった人でも利用することができるのです。高い抗菌力と栄養素により、がんの予防や治療に効果を発揮してくれます。

具体的には初期の大腸がんのがん細胞の分裂を抑制したり、ピロリ菌の除菌などをしてくれるということです。胃がんの人の80%以上がピロリ菌感染者と言われており、ピロリ菌を除菌できることは胃がんに対して大きな効能があると言えるのです。

参考サイトはこちら⇒ 【※管理栄養士が教える】がん予防・癌再発予防のための食事と食生活